ストレス性 不眠症に効くビタミンB12をたっぷり含む食べ物はコレ




ストレス性 不眠症はの方は、非常に多いです。….というか不眠症の方は、ほとんどが何らかのストレスで不眠症になっている?ストレス性不眠症に悩む男性

そんなストレス性 不眠症の方に、注目して欲しいのがビタミンB12です。このページで、ビタミンB12を多く含む食べ物を詳しく御紹介いたします。

無呼吸店長:シンノスケ

ストレスって本当にやっかいな奴だよね^^;




ビタミンB12が何故ストレス性不眠症の方におススメなのか?

ビタミンB12は、別名 神経ビタミンとも言われています。それは、何故か?というと、神経を安定させる作用のある有名なセロトニンの分泌を活性化させる睡眠を良質なものに変えるに、欠かせない栄養素だからです。

セロトニンとメラトニンの働きがわかる図

え?セロトニンの分泌を活性化させる?ってちょっとイキナリ身を乗り出した方も居るでしょう。

極めつけは、ビタミンB12が不足してくると自立神経のバランスが崩れて良質な睡眠をとることが難しくなるのです。

いかにビタミン12が良質な睡眠をとる為に、大事な栄養素か、おわかり頂けたと思います。

保存版:これがビタミン12を多く含む食材です。

◆青背の魚・・・サンマ・イワシ・煮干

◆大豆発光食品・・・納豆・醤油・味噌

◆乳製品・・・牛乳・チーズ

◆貝類・・カキ・アサリ

その他、レバーや卵

◆香味野菜には『硫化アリル』という自律神経を安定させる作用のある成分が含まれています。例えば、ニラやニンニク・ネギなどです。

上記の食材をふんだんに使って、家庭で簡単に作れる料理は、何があるでしょうか?

ハイ、そうです。卵をいれてのレバニラ炒め・納豆・アサリ入りの味噌汁など

納豆・アサリの味噌汁・卵焼き

結局 日本人が昔から朝食として食べていたものが、栄養が一番バランスがとれて結局ビタミンB12も硫化アリルも自然に取れるという事ですね。

いや~日本人って凄いです。日本に生まれて良かった♪

美しい国 日本

そして、ここで注意しないといけないのは、昔ながらの日本の和食を朝食として食べていても、結局 一日三食 規則正しく撮る食習慣をみにつけないと、良質な睡眠をとる為には不十分です。

朝、朝食を規則正しく食べると、脳の働きが活性化することを忘れないでください♪

朝食は、起床後一時間以内に食べよう

上記の項目で日本人の昔ながらの朝食が、良質な睡眠の為に、とても大切と書きましたが、そこで次は、毎日の朝食は、起床後どれくらい時間がたってから食べるのが良いのか?ということです。

ハイ その答えはずばり、朝起きてから一時間以内に朝食を
食べるべき!.…です。

その理由は、朝起床後1時間以内に朝食を食べることで
身体の中の時計、イワユル体内時計が整い、一日を元気に
スタートできるのです。

また朝食をとることで午前中の活動に充分必要なエネルギーを得ることもできます。

考えてください、一日のうちで、午前中の頭がさえてヤル気がみなぎっている時間を、エネルギー不足で充分な仕事・パフォーマンスができなかったら、非常にもったいないですから。

一日のうちで、午前中の黄金の時間に大事な仕事を集中して済ませることを目標として、それを習慣化することができれば、無駄な残業をせず、退社後の時間にジムへ行ったり、資格試験や英語の勉強をして自分へ投資することができます。

資格試験の勉強

そのような自分の刃を研ぐ、自分への投資をする時間を確保するためにも、朝起床後一時間いないに朝食を食べる習慣を身に付けるようにしましょう。

そうすることで、貴方は今からでも人生勝ち組に成り上がるチャンスが生まれます。

新しい人生が始まる会社員

まとめ

●ビタミンB12は、神経ビタミンと言うほど良質な睡眠をとるには不可欠な栄養素。

●朝食に昔ながらの和食を食べると、自然にビタミンB12を多く摂れる。

●朝起きてから一時間以内に、朝食を食べると体内時計のリズムが整い良質な睡眠を摂ることにつながる。

●朝起きてからビタミン12を多く含む朝食をどうしても作れない場合は、ビタミンB12を多く含むビタミンB12サプリメントを摂取する….という選択肢もあります。

ビタミンB12をサプリに頼り過ぎるのは、絶対にやめておきましょう。サプリは個々の体質に合う、合わないがありますし、摂取後すぐに効果が出るものでもありません。3ヶ月を目安に飲んで身体の調子をみていく必要があります。
 

無呼吸店長:シンノスケ

ビタミンB12の大切さが よくわかりましたね^^




フォローする